So-net無料ブログ作成
検索選択

陶芸工房「鬼工房」 [商品紹介/作家紹介]

 昨日、友人に連れて行ってもらった生駒の「鬼工房」をご紹介しましょう。TVなどでは、何度かしょうかいされているようです。生駒山の東山麓、頂上の鉄塔がすぐそこに見える鬼取町にあります。近くには、スリランカカレー、茶がゆ、欧風家庭料理オーガニック野菜のお店があり、若い方や家族連れで賑わっていました。メタボな山羊もおりますぞ。作家さんは女性。特殊な粘土を使っているので、ユニークデザインの土鍋は直火どころか、空焚きしても大丈夫というぐらい割れにくいのだそうです。土の風情がいかされたほっこりしたデザインでした。陶芸教室もされています。カップなどは、大きい割にはおもくありませんでした。
CIMG0874.JPG
CIMG0845.JPG
 左の隅に見えますのが、最初見た時妊娠中かと思ったメタボな山羊と作家さんです。

CIMG0866.JPG
 二階がギャラリー、1階が工房・陶芸教室です。

CIMG0863.JPG

CIMG0862.JPG
 続きは次回に。

百花繚乱 [日記]

 昨日、伊丹市の鈴原町にある、フラワーショップすずはらに行きました。ホームセンターでは、お目にかかれない花々がいっぱい。みい~んな欲しくなりました。鉢植えしか置けないわが店に多年性のサフィニアを一つ買いました。CIMG0816.JPG
 一つ一つをお見せできないのがとても残念です。
CIMG0817.JPG
CIMG0818.JPGCIMG0819.JPGCIMG0820.JPGCIMG0822.JPG
 スウエーデンカフェの入り口をもう少しスウエーデンっぽくしたいと相談すると、なんとご主人が
CIMG0823.JPG
 大阪上町まで植え込みに来て下さいました。
 仕上がりは、次回に。


スウエーデンカフェFågel Blå (フォーゲル・ブロー) [貸しギャラリー ヴェガ]

 昨日は、フランス人シェフによるマカロン作り講習会がありました。3日で定員になったので、本当は私は見学しかできなかったのですが、キャンセルがあって急遽参加。
 長年の不思議が解決しました。
 そもそもマカロンが発売されるようになってから、結構な人気だったので甘い物好きなものであちこちのお店でかっていました。しかし、高い!食べたらすぐなくなる。なぜにあんなに小さい物が200円も300円もするのか?と不思議に思っておりました。
 講習を受けて、納得。過去に数年間、毎日お菓子作りをしたことがあるので、ホームメイドで作れるようなお菓子作りは大体知っていたのですが、材料費もお菓子の中では高めであると同時に、その手間暇がかかることと、ヒビが入らず食感良く仕上げるためのコツ、中に挟むクリームなどの作り方などなど。すべてを知ったうえでマカロンの値段に納得がいきました。
CIMG0771.JPG
 最初に中に挟むものを作ります。塩キャラメル・バジルレモンカスタード(これはフランスの有名なお菓子yさんのレシピ)・リンゴンベリーとローズマリー。きゃあ~!バジルレモンカスタードのお味は感動!(ボールに残ったのをいただきました。)
CIMG0783.JPG
 ごぞんじでしたか?マカロンの外側を作るとき、流しのそばでしたり、離れていても洗い物などしてはいけないのを。
CIMG0797.JPG
CIMG0806.JPG
 うひひひひ。まかろんですう。これは、最後に紅茶といっしょにいただいた分です。
CIMG0808.JPG
 参加者は、フェイスブックを見てこられた方で、和歌山神戸静岡(ご実家大阪)など遠方の方もおられました。

BODAIJYU EXPO [貸しギャラリー ヴェガ]

CIMG0233.JPGCIMG0232.JPG
 日隈 みさき氏 作


スウエーデンのエコバック [商品紹介/作家紹介]

CIMG0763.JPG
 スウエーデンで、猫のデザインで一番有名なリサ・ラーションさんのエコバックです。裏側に続いています。
この夏、スウエーデンへ行けたら、手作り雑貨を買ってこようと思っています。夏の間は、マーケットが開かれます。

ギャラリーまる内猫・外猫 [猫のお話]

 店主はチカちゃんの世話で疲れ果てています。 
チカちゃんは、4月11日に治療を終えて、2週間がたちました。クウちゃんは、私と同様チカちゃんの激しい「出してくれ!」コールにめげているのか、食欲がありません。でも、お腹はこわしていません。捕まえてワクチンを打ちに行きたいのですが、移動ボックスに敏感になり入れようとすると、ひっかきまくります。先ほど獣医さんに連絡しましたが、後2週間はチカちゃんを閉じ込めておいてくれとのこと。ああ、しんど。
CIMG0764.JPG
 今までクウちゃんがいた階段下の物置に移動させられたチカちゃん。ダンボールの中ですねていますが、箱に入って静かなのは、1日の内数時間だけです。近所の方が「猫、えらい鳴いてまんなあ。」と聞きにこられます。ちなみに、1か月くらい日に当たらなくてもかまわないそうです。
 それに引き替え、内猫はのんきなものです。
CIMG0762.JPG

BODAIJYU EXPO [貸しギャラリー ヴェガ]

CIMG0229.JPGCIMG0228.JPG
 河野 里見氏 作

ギャラリーまる外猫 [猫のお話]

 長い間、お休みしてしまいました。外猫チカちゃんのせいであります。
6日に、チカちゃんが元気なくご飯を食べずにずっと寝ていました。7日の朝、下痢をしているところを目撃。
お天気が良ければ和歌山に出発してしまっていたのですが、台風並みに天気が悪くなるというので中止して良かった。猫に詳しい方はご存知のパルボウイルスに感染したようです。行きつけの獣医さんは土日診療しているので、連れて行きました。点滴してもらいました。前日の夜に組み立てておいた大きな2階建てのゲージにトイレと寝床用のダンボールを入れました。出してくれ~!とわめくチカちゃん。感染力が強いと言うのでシートで被いました。バリバリひっかいてボロボロに。
 夜、血便が始まりました。
8日は箱の中でうずくまりつつ、鳴きつづけていましたが、声に元気がなくなり顔もしんどそうに・・・。点滴2日目。
パルボはほっておくと、腸の細胞がぼろぼろになって、確実に3日で死んでしまうそうです。感染力がハンパじゃないそうで、同じお店で暮らしているクウちゃんの健康が心配でした。内猫も店主を介して写るかもしれないので。ハイターを薄めた液でふきまくり、チカちゃん看護用の服を決めました。ハイターを霧吹きに入れて、ウイルスいそうなところへシュッシュッ!
 点滴3日すれば、回復にむかうはずなのに、4日目も苦しそうに鳴くので、見ると血便をしていました。
獣医さんへ連れて行くと、「パルボやったら3日お薬入れたら快方に向かうのに。」と腫瘍など他の病気も疑って調べてもらいました。大丈夫だったので、もう1回点滴をして、食べれるようになったら大丈夫とのことでした。食欲を起こす薬もおまけで打ってもらいました。とてもしみるらしくて、チカちゃんはメチャメチャ怒っていました。
 それから徐々に元気になっていますが、治ってから2~4週間は糞便にウイルスが出るということでゲージに閉じ込めたままです。まあ、うるさいこと、うるさいこと。
 クウちゃんは心配して近くへ行こうとするので、とても困ります。
消毒とトイレ掃除に明け暮れた10日間でした。やれやれ疲れた。
 お店も暖かくなってお客様が多くなってきたので、ブログを描くことができませんでした。
CIMG0671.JPG
 「出してくれ!」
CIMG0672.JPG
 「どうやったら出れるんや!くそっ!」
CIMG0687.JPG
 仰向けになって暴れまくっているところ、写真を撮ろうとしたら、ピタッと止まりました。
猫を飼っている方は、ワクチンを接種させていると思いますが、チカちゃんは飼い主さんに確認に行くと受けていないとのこと。クウちゃんは3年前に受けたきりですが、1回でも受けていると感染してもひどくないようですので、内猫でもワクチンの接種はしておいた方が良いそうですよ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。